あがり症のための面接講座

あがり症とはふとしたところから顔を出してくるものです。気楽にいきましょう。

質疑応答のシミュレーションは最低限やっておきましょう。シャツのちょっとした汚れが気になって、頭の中が真っ白になることだってあるのですから。

絶対に、想定外の質問を一つや二つしてきます。これはあがり症以前の問題です。

また、面接官はこれまでに何人、何十人ものあがり症を見てきています。ですが、面接もこれまでのあがり症対策を応用すればまったく問題はありません。

当日の身だしなみも大切。書類に嘘を書いても、面接で絶対にぼろが出ます。

入学試験、夢をかなえるためのオーディション、入社試験、そのどれもが人生の一大事にかかわってくるのですから、あがり症さんにとっては辛い試練となってしまいます。すぐに答えられなかったからといって即不合格とは限らないので、あがり症なりに落ち着いて答える努力をしましょう。

あがり症さんにとって、人生最初の関門は面接ではないでしょうか。いまさらあなたがあがり症だからといって特別驚くことはないのです。

ただし、面接官とは意地悪なもの。どんな面接も履歴書やエントリーシートをもとにして行われることがほとんどなので、丁寧に、誠実に書くよう心がけましょう。

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>