女性ホルモン

子供の耳管の形態は、大人のものと異なり幅が広く短めで、又ほぼ水平のため、様々な菌が入りやすくなっているのです。子どもが急性中耳炎を発症しやすいのは、この構造が関わっています。
医者にメタボリックシンドロームとは伝えられなかったとしても、内臓脂肪がくっつきやすい特質のあまりよろしくない肥満だとしたら、命にかかわるような生活習慣病を誘引することになる恐れがあります。
くしゃみに鼻みず、目のかゆみ、喉がゴロゴロするような感覚などの花粉症の不快な症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛び散っている量に比例するように重症化する特性があるというのは周知の事実です。
恐れていたとおり血液検査で、女性ホルモンの量が少なくて早発閉経だと判断された場合、その女性ホルモンを足してあげるやり方などで女性ホルモンの量を上昇させることができます。
ヒトの耳は、外側から順番に「外耳(outer ear)」「中耳」「内耳」の3つに区別されますが、この中耳の近くに肺炎球菌やインフルエンザ菌などが付いてはれあがったり、体液が溜まる症状を中耳炎と言います。
チアミン不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に四肢が何も感じない麻痺状態になったり、ふくらはぎのむくみなどが代表的で、慢性化すると、悲しいかな激しい呼吸困難に陥る心不全なども発症する危険性があるということです。
心臓が本来の周期を外れて早く収縮する不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、元気な人にも起こることがあるため、重大な心臓疾患とはいえませんが、発作が幾度となくちょくちょく発生するようなときは危うい状態かもしれません。
明かりがない場所では光不足でモノが見えにくくなりますが、それ故瞳孔が開くため、水晶体のピントを一致させることにいつもよりパワーが利用されるので、勿論日の差す場所で物を眺めるよりもだいぶ疲労が大きいと言えます。
ピリドキシン(ビタミンB6)は、アミノ酸をTCAサイクルという名前のエネルギーを産出するために欠かせない回路に入れるために、一層クラッキングさせるのを促進する役割を担います。
薬やアルコール、多様な食品添加物などの物質を酵素で分解し、無毒化する機能の事を解毒と称し、肝臓の担う最も大切な務めのひとつであることは間違いありません。
汗疱状湿疹(汗疱)とは手の平や足裏、指の股等に小さな大量のプツプツとした水疱が生じる皮膚病で、一般には汗疹(あせも)と思い込まれ、足裏に出ると足水虫と思い込まれることが普通です。
ハーバード大学医学部の研究結果によると、毎日欠かさずに2杯よりも多くカフェインの取り除かれたコーヒーを飲むと、意外なことに直腸癌の発病リスクを約5割も和らげられるということが明らかになった。
「肝機能の減衰」は、血液検査のGOTやGPT、加えてγ-GTP(ガンマGTP)など3つの数値を見れば分かりますが、ここ数年肝機能が減衰している日本人が次第に増大してきたそうです。
ウクライナ共和国にあるチェルノブイリ原発の爆発事故の長期間に及ぶ現地調査の内容によれば、成人と比較して小さい年少者のほうが漏れた放射能の悪い影響を非常に受けやすいことが判明しています。
食事中は、食べようと思った物を単に口に入れたら、何回か咀嚼して食道を通過させるだけだが、体は、その後も休むことなく機能し続けて、栄養素を人体に取り入れるよう勤しんでいる。