社会保険労務士の資格

社会保険労務士の資格試験は選択式と択一式の問題が290分出題されます。社会保険労務士の資格取得後は、企業の色々な相談などにも応じながら労務のコンサルタントを行うことができ、社会保険労務士の資格を活かした仕事というのは実に様々な分野にわたっているといわれています。

社会保険労務士の資格は今とても人気のある資格の一つで、主婦などの注目している資格の一つ尾といわれています。試験は年に一回8月の第4日曜日におこなわれることになっていて、毎年資格取得者は増えています。

社会保険労務士の資格取得後の主な仕事としては、申請書をつくったり、提出手続きを代行で行います。また事業所におく帳簿書類を作成したり、労働管理関係のコンサルディングを行う仕事をします。

社会保険労務士の資格を取得するためには受験資格が必要です。大学の一般教養科目を終了している人や短大、高卒以上の学歴で、行政書士の資格を持っている人、司法し試験第一次試験に合格している人など、いろいろな受験資格が必要です。

社会保険労務士は、起業などの労働時間や人事など、正しく行われているのかどうかをチェックしたり、社会保険労務士は、労働や社会保険に関する書類を代行で作成したりする仕事を行っています。